南アルプスマウンテンマラソン!

前日から~

19日のお昼頃、三ツ星キャンプ場で行われた前日祭で前日受付をして来ました。

画像


雨が降っていたので、受付でゼッケン参加賞等を受け取ってからブースを一回りしたものの、ゆっくりする事無く帰宅してしまいました

会場から駐車場への道を歩いていると、自分の初マラソンの時に何度も並走したYさんとバッタリ何度かお会いした事は有りますが、久し振りの再会に明日の健走を誓い合いました

画像


参加賞のキャップとサングラス


帰宅後は、初トレランと言う事で慣れない準備にバタバタしましたが、完了する頃にはさっきまでの土砂降りが嘘の様に青空が広がっていました

画像



明日は泥んこ遊びかな~と思いつつ3時に目覚ましをセットし、22時過ぎに布団の中へ


3時に起きたら、今回はお餅を5切れ。

予定よりチョット遅れて出発しましたが、駐車場に着いてビックリ

河川敷だと思っていましたが・・・

画像


完全に大井川の中でした写真は帰りに撮ったものですが、朝はもちろん真っ暗闇ハンドライトを持って行って良かった~

シャトルバスでスタート会場の不動の滝キャンプ場へ。

画像


初めてのトレラン会場

望月将悟選手プロデュースなので、TJARの強者選手が大勢いらっしゃいましたが・・・

顔と名前が一致しない~すみません

数千人規模のロードレース会場と違い、数百人規模のなんだか温かい雰囲気にすぐに馴染めました

支度を済ませ、スタート30分前に初と言う事でチョット遠慮して(ビビッて)フルマラソン5時間の所に並びました。

ここでなんとキリンさん登場

流石にトレランなので完全体では有りませんでしたが、スタート前に楽しくお話できて緊張がほぐれ嬉しかったですキリンさんはフルに出場すると言う事でした

スタートセレモニーが始まると、仙波選手が「潰れるまで突っ込め~潰れてからが勝負だ。そして、とにかくゴールに帰って来い」と・・・

そんな走りができる程練習していませんすみません

22.5km累積標高1600m制限時間5時間

選手の集合が遅れていたそうでスタートが15分遅れましたが、7時15分いよいよ初トレランのスタートです

画像


スタートゲートの先では、地元FMでアウトドア番組のパーソナリティーさん(トレラン初出場)とハイタッチ

緩めの林道を浮かれて走り始めるとお約束の時計の押し忘れ

画像


少し行くとつづら折れで傾斜がキツクなって来ました。

周りの選手も殆んど歩いているので、ここは無理せず歩きます。

登りがひと段落すると

画像


朝日が気持ち良い~

ちょっと走ったらいよいよシングルトラックの急登です

画像


更に、今大会の為に整備された道無き急登

画像


ここには望月将悟選手が注意を促すと同時にエールを送って下さっていました

画像


望月選手、写真ブレブレ

登り切ったら再び林道へ。下り基調を軽快に走って6.5キロ地点でミニエイド到着。ここは水のみ。

この後はアップダウンを繰り返しながら走って行くと、谷や開けた場所も

画像


画像


画像


10キロ地点を過ぎるとエイドステーション

画像


美味しく補給できました

エイドの先が無双連山(むそれやま)への登山道入り口です。

画像


トイレ待ちをしていると、望月選手が追いついて来て、登山道入り口でまた選手に「ここからキツイですよ~」とエールを送っていました。が・・・トイレ待ちが長くなってしまい、済む前に登って行ってしまいました走りを見たかったな~

ここからは最高地点に向かいひたすら急登が続きます木に掴まり立ち止まる選手が出始めました。
距離にしたら2キロ位なものなんですが、500m位登ります

登り切ると、嘘の様に広々とした場所に出ます。

ここは、南北朝時代の史跡「徳山城」が有った所だそうです。

画像


展望が開けると最高な景色が

画像


南アルプス方面

画像


富士山方面

犬も引き返すと言われた「犬戻り」と言う痩せ尾根にビビりながら無双連山をクリアすると、少し下ってから林道を最後の山、高山に登ります。

登り終えるとミニエイドで給水。16キロ地点。

ここからは、トレイルと林道を交互に走り、一気に標高を落とします。

気持ち良く下れるトレイルは気持ち良かった~

この辺りでは、折り返したフルの強者が力強く登って来ます

「ナイスラ~ン

ロードですれ違うよりゆっくりなのが良いな~

自分はハーフなので、もう足を使い切るつもりでガンガン下りました

最後の急坂トレイルに入ると、スタッフの方が「ここから滑りますよ~」と声を掛けてくださいました

なんだかスキー場で、上級者ゲレンデの上に立った様な感じ

自分の後ろの選手が「うわ~っ」と転び

次は自分の前の選手が・・・「本当だ~」なんて笑い合っていると・・・

次は自分の番でした

尻餅一回、お手付き一回で何とかクリア

トレイルが終わり最後のつづら折れの林道を下って行くと、前から「へ~イ」と手を上げてくる選手が

キリンさんでした速~いと言うか、強~い

しっかりハイタッチ

もう少し下ると、前日にお会いしたYさんが

「Yさ~ん

またまたハイタッチできました

遂に林道も終わり舗装路へ下りて来ました。

ゴールまで後少し、地元の方々が応援してくれます

ランナー密度が低いからか、応援が自分に向けられている感が強く凄く嬉しかったです


いよいよゴール

3時間40分 

笑顔でゲートをくぐれました

エイドや写真撮影等意外には一度も立ち止まらず完走できたのが嬉しい

ゴール会場の写真は有りませんが、地元食材を使った豚汁や、お稲荷さん、一番うれしかったのが自然薯の山掛けご飯でした

あ~美味しかった


帰りは大井川鐡道で千頭駅から下泉駅まで。ナンバーカードで乗れます

画像


SLには乗れませんが


初トレラン、最高の1日でした

走らせていただいた皆様、ありがとうございました。



画像


自作ラッシュガード

一つの石も少しの土も入らず、足も全く汚れませんでした

見た目はダサダサですが

ちなみに、これは野球のソックスを切ったものです。













"南アルプスマウンテンマラソン!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント